竹林

2年前まで年老いた老人が1人で家を守っていた。

唯 守る

って言っても容易でないのが、このアトリエの立地。
里山の中腹に位置し、周囲がビッチリと竹林に囲まれている。
これが、良い時もあれば、悪い時もある。
a0206542_1338437.jpg

竹林が風を遮る為、強風が吹き荒れる日でも、アトリエの
外回りは、僅かに風が吹くのみ。
しかし目を見上げれば巨大な杉の木がウネリを上げる様
に大きく揺れていて、山から下りると、余りの強風に度々
驚かされた。

これは、いい部分でもあるが、家屋の通気の観点からは
やや問題がある、木造家屋は、常に空気を循環させ、
木が乾燥している状態でなくてはならない。
長い間、締め切っていた事もあり、黴臭は、無いものの、何処か
湿り気を感じた室内だった。 アトリエ滞在中は、出来るだけ
窓を開け、空気の流通に努め、密に立ちそびえていた竹を
夫が結構な量を伐採した。

正にマタギ状態である。

伸びに伸びきった竹は、3階~4階程の高さがゆうとある。
風にそよぐ様に撓む竹の様は、優雅ではあるけども、
家を飲み込む勢い、、最近購入した、簡易のチェーンソー
でひたすら切り倒す。それに繰り返しの結果、窓を開けた時の
空気の流れが変わった、空気が通り抜ける、正にそんな感じ。

日中に窓を開放し続け数日、家の中は、乾燥し、頬で感じる
空気もカラリとした。息吹を少しだけ吹き返した木の家。

やる事は、まだまだ沢山。
戦力外の私。
40代の夫、家主だった老夫の年齢から考えると
まだまだ若い夫、人並み以上に体力があるタイプだが、
かなりの体力消費らしい、、、
1人、この家を守っていた老夫の事を、考えながら
変わり行くアトリエの変化を見届けたい。
[PR]
by maiko_oh | 2013-04-02 23:34 | 山のアトリエ
<< 1つ 1つ。。 再始動   >>