Snow

気づけば5月も直ぐそこ。
きっと強い日差しを浴びる事になるであろう アトリエでの生活も
もう少しで丸6ヶ月となる。

一番寒く、季節的に辛い時期に、この里山にやってきたので、
ある意味、暖かさが増す程に身体的には楽になる、それと同時に
今まで見なかった虫やらワサワサと騒ぎ出す。
これだけの自然環境、、私はどれだけの叫び声を放つ夏となるか。。

そういえば 1月は雪が良く降った。
東京での仕事に向かう為に私は、月曜日の早朝に高速バスに乗る。
1830円でバビューンと東京に連れて行ってくれる、しかも家の直ぐ横に
停留所あり、1時間に1本 2時間も掛からない時間で都へ連れて行ってくれ
私の足でもある。
a0206542_10284198.jpg

アトリエがある場所は、海から2,30KMの所にあり、南風が入るせいか、
雪が積もる事は少ないと言う。
なのに今年は積もった、積もった。
a0206542_10291515.jpg

葉を落とした木々に雪がのっかり、それはそれは 幻想的でした。
雪の日は、雪が消音し、ピンと張り詰めた空気が好きなのだけど、
アトリエで見る雪景色は、また違ったもの、、寒さは厳しいが 美しくも
あった。
a0206542_10295417.jpg

美しいだけだったら良いのだけど、足としているバスは雪に弱く、
数回、途中のJRで降ろされたり、運行中止となったりして、
遅刻・休暇となる羽目となり、今年の雪には悩まされた。
天気予報で雪マークを見てしまうと、きゅーっと胃が痛くなる。
それ位に(笑)
a0206542_10301663.jpg

雪の日、知人から借りた本を読んだ。
自然の中での暮らしのノウハウが一杯詰まった、この本。
これからのアトリエでの自然と共存した暮らし、もう一段
上のアトリエでの生活夢見た。

これを記している頃は、4月中旬。
私の目に見える庭は、新緑で、精一杯の生命を輝かせている木々に
アトリエが覆われている。余りの勢いに脅威すら感じる事も
あるけども、葉を落とし、あれだけ静寂な木々達の乱舞。
見事である。
[PR]
by maiko_oh | 2013-04-10 23:27 | 山のアトリエ
<< 野いちご・・・・磯遊び・・・・... 筍 のこ >>